チョコレートに含まれる3つの成分とその効果とは!?

最近はすっかりハイカカオチョコレートがブームになっていますが、その効果をしっかり確認しておきたいと思います。

チョコレートに含まれるカカオの3つの成分とその効果について、みていきましょう。

 

 ポリフェノール

チョコレートには比較的多く含まれている成分で、エイジングケアや精神面でリラックス作用が期待できるなど、近年その効果が注目されていますね。

カカオが多く含まれるハイカカオチョコレートがブームになっていますが、これはカカオが多い分ポリフェノールも多く含まれていますので、より効果を期待できます。

ポリフェノールは体に貯めておくことができないため、こまめに摂取することが望ましいとされています。

ただし、チョコレートは砂糖や油脂が入っており、カロリーもそれなりにありますので、一度に摂り過ぎないように注意しましょう。

 

 リグニン

不溶性の食物繊維で、血中のコレステロールに関係するとも言われています。

チョコレートには食物繊維も意外と入っていますので、腸に働きかける作用なども期待できます。

 

 テオブロミン

リラックスに役立つ成分です。

チョコレートを食べてほっとするのはカカオの香りや、このテオブロミンの働きによるもので、科学的にも検証されているようです。

 

様々な効果が期待できるチョコレート
最近は種類も多くなってきていますので、自分の好みのものを選び、おいしく効果的に食べたいですね。