一風変わったチロル4種類を食べてみた

いや~、すっかり暖かくなり春らしくなってきましたね。

気軽に外へもお出かけできるというものです。

さて、今回はちょっと変わり種のチロルを食べてみました。

この4つは、どれも初めて食べるものなので楽しみです。

昔はよく食べていたチロルでしたが、最近はほんといろいろな

種類が出てきていますよね。

 

まずは、「BLACK 68」。

これ、ほんとにチロルチョコ?と思わせるほどに、
チョコ感がすごい。

いや、そういうと今までのチロルに失礼か・・。

カカオ68%のビターだからかもしれませんが、
これまでのチロル感はないですね。

すっかり生まれ変わっちゃっています。

 

お次は、最も気になる「ウルトラレモン」。

まあ、間違いなくすっぱいんでしょうが、チョコの甘さと

どうマッチするのかが気になるところです。

半分に割ってみると、すっぱそうな粉系のものが詰まっていました。

これは見るからに、すっぱい!

食べてみると、甘さよりもすっぱさのほうが際立ちました。

まあ、悪くはないですが、チョコじゃなくてもいいかな・・って感じです。

 

そして、生チョコ仕立ての「チロルプレミアム」です。

1粒45円(税込)という、強気な値段設定ですが、そのお味やいかに!?

うーむ・・、確かに生チョコ感がすごいですね。

いいカカオを使ってるって感じはします。

ただ、これチロルか!?って気はしますね。(^_^;)

もはや、今までのチロルではない、生チョコ仕立ての一粒のショコラ。

そう考えれば、一粒45円も高くはないかな・・。

 

最後は「モーツァルト チロル」。

音符とか詳しくはないんですが、音符のようなデザインが
あしらわれています。

 

正直、味の想像がつかなかったのですが、
ちょっと意外なさっぱり系の味でした。

杏仁豆腐のような味がベースとなっている感じです。

角っこのほうに入っているナッツはピスタチオのようです。

思ったより贅沢な仕上がりになっていました。

 


さて、異色のチロル4種類を食べてきましたが、
一番おいしいと感じたのは・・、「BLACK 68」かな。

その次は「チロルプレミアム」。

あとの2つはネタですね。