チョコレートの魅力について

a0002_010760

人を惹きつけてやまないチョコレートの魅力。
その秘密はどこにあるのでしょうか?

 

もともとはスパイシーな飲み物だったチョコレート。やがて砂糖やミルクを入れるようになり、マイルドな味わいの食べ物となりました。このマイルドさが、カカオ豆がもともと持っている苦味や渋みを引き立てて、他にはない独特の風味と味わいを作り上げます。

 

香り
チョコレート作りの工程のなかで、その魅力あふれる香りを生み出すために最も重要なのが、カカオ豆の「発酵」と「ロースト」です。発酵にはカカオ豆生産地の常在菌が深くかかわり、ローストの時間や温度をどう設定するかによって、チョコレートの香りはさまざまに引き出されます。

 

口溶け
口に入れたとたんにとろけ、香味成分が口の中いっぱいにに広がるチョコレート。これは、チョコレートに含まれるココアバターが、人間の体温より少し低い温度(33.8℃)で急激に溶けるという性質がありからです。これもチョコレートの不思議の一つであり、「神様からの贈り物」といわれるゆえんです。

 



コメントを残す