割れチョコミックスを食べてみた(総括)

DSC04705

今回お取り寄せしてみた「割れチョコミックス」。
容量1kgの大容量で12種類の割れチョコがギッシリだったわけですが、わずか10日足らずで完食。

しかも、ほぼ一人で食べたので、1日あたり100g程度(一般的な板チョコ2枚分)を食べ続けたことになります。

いっぱい入っているからと、食べだしたら止まらないんですよね・・。
糖尿病になるかも・・と心配しつつ過ごしていました。
まあ、チョコ食べて死ぬなら本望ですけどね。

DSC04707

12種類のチョコは、もっとまんべんなく入っていることを期待したのですが、いかんせん普通の「ミルク」と「ビター」が多い。

あとは、マーブル系も多かったかなという印象。
要するに、マカダミアやらアーモンドパフやらは少なめだったため、やや残念。

たぶんですが、「マカダミアフレーク」に至っては、ひとかけらも入っていなかったと思います。たぶん・・。

割れチョコなので、ある程度の偏りは覚悟していましたが、これは意図的と思わざるを得ない偏りでした。
まあ、ナッツ系は原価が高く多く入れられないのでしょうか。

印象としては「ミルク」とつくものは甘く、「ビター」とつくものは苦い・・です。
個人的には、この中間くらいのがちょうどいいので、ミルクでもビターでもない中間くらいのピュアなやつが多ければいいなと感じました。

ミルク・ビターがついてなく一種類しかない「まるごとアーモンドパフ」が、ちょうどいい感じで、これはとてもおいしく食べられました。

ミルク系多め、ビター系多めは選べるので、好みのほうのチョコをガツガツ食べたい方にはオススメ。
ただし、食べすぎにはご注意を。(^。^)

 

人気の割れチョコミックスをお取り寄せしてみた

 

 

コメントを残す