ココアとカカオの違いとは!?

pixta_11919669_S1

「ココア」と「カカオ」の違いとは、いったい何なのでしょうか。

なんとなく思い浮かべるのは、ココアは飲み物、カカオはチョコレートの原料、といったところでしょうか。

でも実は、ココアとカカオの違いには明確な定義はありません。

その昔、先住民の発音が「カカウ」だったことから、それがヨーロッパから世界へと広がっていくうちに、チョコレートにまつわる様々な用語ができて、定義が確定しないまま使われるようになったようです。

一般的には、加工度の低い場合は「カカオ(カカオ豆、カカオマス等)」を使い、加工された後は、「ココア(ココアバター、ココアパウダー等)」と使い分けていることが多いようです。

コメントを残す