チョコレートの口どけをよくするココアバター

2016y05m05d_091340171

ココアバターはカカオ豆に含まれている油脂です。

一般的に、カカオニブには約55%程度のココアバターが含まれています。

ココアバターは、チョコレートを食べたときの口どけをなめらかにしたり、チョコレートの香りを素早く口の中に広がらせたりします。

このココアバターは常温では固まっていますが、25℃くらいから急速にとけ始め、32~33℃でほぼ完全にとけてしまいます。

融点が33.8℃ですので、体温より少し低いくらいの温度になると急激に溶けだします。
この性質のおかげで、口に入れたときにチョコレートのなめらかな口どけが楽しめます

もし、この融点が少し高ければ口の中でなかなか溶けずにもたついた感触になり、逆に少し低いと溶けやすくなるため、チョコレートは冬にしか食べられないようになります。

ココアバターが溶ける温度は、ほんの1~2℃高くても低くても都合が悪い微妙なものです。
この点が、チョコレートはまさに神が作った食べものではないかと言われるゆえんです。

また、ココアバターは天然の抗酸化物質を含んでいるため、他の油脂とは違って酸化しにくいという優れた性質も兼ね備えており、そのおかげでチョコレートのおいしさが長く保たれています。

26枚ミルクチョコレート(6箱)meiji
価格:1692円(税込、送料別)

 

コメントを残す