配合によって3つに分類されるチョコレートの種類

2016y05m09d_225507253

私たちが普段食べているチョコレートは、原料の配合によって次の3つに分けられます。

1.ミルクチョコレート
2.ダークチョコレート
3.ホワイトチョコレート

ご存知の通り、その味わいにはそれぞれ特徴があります。

 原材料は、以下のようになります。

 ミルクチョコレート
・カカオマス
・ココアバター
・砂糖
・乳製品(全粉乳、脱脂粉乳、クリームパウダーなど)
・レシチンや香料など
 ダークチョコレート(スィートチョコレート)
・カカオマス
・ココアバター
・砂糖
・少量の乳製品(全粉乳、脱脂粉乳、クリームパウダーなど)
・レシチンや香料など

※一般的には、カカオマスが40%以上のものを指します。
また、カカオマスが70%以上のものは、高カカオチョコレートと呼ばれています。

 ホワイトチョコレート
・ココアバター
・砂糖
・乳製品(全粉乳、脱脂粉乳、クリームパウダーなど)
・レシチンや香料など

※カカオマスが入っていないため、淡黄色になります。
※カカオマスが入っていないのにチョコレートなのか?という疑問も出てくると思いますが、カカオ豆の主成分であるココアバターを原料にしているので、チョコレート色でなくてもチョコレートに分類されます。

各チョコレートメーカーから、様々な種類のチョコレートが発売されていますが、チョコレートの配合には規約があり、全国チョコレート業公正取引協議会が定めた規約を遵守しながら作られています。

ミルクチョコレートとダークチョコレートの違い
ミルクチョコレートに比べダークチョコレートは苦いため、違いは砂糖の量と思われがちですが、砂糖の量はあまり変わらず、違いはカカオの量です。
カロリーもほぼ変わらないので、糖分やカロリーを抑えるために甘いミルクチョコレートを我慢してダークチョコレートにするのは間違いです。

 

コメントを残す