チョコレートのマリアージュとは!?

sy_040

チョコレートの楽しみ方の1つとして、関心が高まっているのが「マリアージュ」です。

マリアージュとは、直訳すると「結婚(marriage)」ですが、主に食事や飲み物との組み合わせという意味で浸透してきています。

身近な組み合わせとしては、「チーズと赤ワイン」「肉と赤ワイン」「魚と白ワイン」などです。

互の良さを引き立てたり、互いに隠れている要素を引き出したりするなど、さらにおいしさや楽しさを広げる組み合わせがマリアージュといえます。

 

 チョコレートでも、いくつかマリアージュの楽しみ方があります。

 

 飲み物との相性を楽しむマリアージュ
コーヒーや紅茶、緑茶の他に、ワイン、シャンパン、ウイスキーなどアルコールとの相性も楽しむマリアージュです。

最近では、ビールや焼酎、日本酒とチョコレートのマリアージュを楽しみたいというニーズも増えてきているそうです。

 

 チョコレートと他の素材のマリアージュ
ボンボンショコラなどの場合、チョコレート単体で作られていることはほとんどなく、フルーツやナッツ、スパイスなど、さまざまな素材との相性を考えて作られています。

バランスをとりながら、おいしい一粒に仕上げるのが職人の感性や腕の見せどころですね。

チョコレートと他の素材の味わいや香りの調和を楽しめます。

 

 ショコラスイーツのマリアージュ
チョコレート好きにとっては、さまざまに形を変えたショコラスイーツも、興味深いところです。
有名なところでは、ガトー・ショコラやフォンダン・ショコラ、ムースにタルト、エクレアやアイスクリームなど、さまざまなショコラスイーツがありますね。

 

とはいえ、チョコレートとの相性がよいものを探すのは大変です。
ただし、基本的な考え方として、次のような合わせ方があります。

1.質感(軽さ・重さ)で合わせる
2.素材の味で合わせる
3.香りで合わせる

 

1.質感(軽さ・重さ)で合わせる
シンプルで軽めの味わいのチョコレートには軽快な味わいのライト系コーヒー、逆にしっかりとした味わいのチョコレートには力強い、深みのある味わいのエスプレッソ、または、ミルクや生クリームでコクを出したミルクティーなどを合わせる、といった感じです。

 

2.素材の味で合わせる
同じ系統の素材を使っているものを探し、合わせてみます。
例えば、「ホワイトチョコレート」と「カフェラテ」(ミルクの味わい繋がり)、「ベリー系のチョコレート」と「ワイン」(ベリー繋がり)などです。

 

3.香りで合わせる
ナッツとコーヒーなど香ばしいものを合わせる、フルーティーな香りを合わせるなど、似たもの同士でマリアージュを楽しむこともできます。
例えば、「アーモンドチョコレート」と「ウイスキー」(ナッツの香ばしさと樽熟成からくる香りの繋がり)、「ヘーゼルナッツチョコレート」と「コーヒー」(ヘーゼルナッツの香ばしさとコーヒーの香り繋がり)などです。

 


マリアージュを探すうえでのポイントは、チョコレートのキーワードと合わせる飲み物のキーワードをそれぞれ探し出し、整理すると探しやすいと思います。

一般的な組み合わせだけでなく、自分好みのマリアージュを見るけるとチョコレートをもっと楽しめそうですね。

 

コメントを残す